海外での受験状況

TOEFL Primary®、TOEFL Junior®は世界中へ広がっています

クリックすると各国の受験状況が表示されます

  • ベトナム
  • 香港
  • 台湾
  • ブラジル

TOEFL Primary® 47か国以上
TOEFL Junior® 65か国以上

(2018年12月現在)

ベトナムでは、TOEFL Primary®、TOEFL Junior® を活用して優秀な成績を収めた個人およびグループの表彰式が開催され、、ベトナム全土の学校から選抜されたトップクラスの学生が集いました。

このコンテストは、IIG教育機関とベトナム教育省の省庁の共催により2012年以来開催されており、国内最大かつ最も権威のあるものです。ベトナム全土から応募者は数万人にも及び、TOEFL Primary®、TOEFL Junior® を始めとする国際的指標を活用して英語学習を支援するコンテストです。TOEFL iBT® 国別平均点(※)で日本より上位に位置するベトナムですが、国を挙げて英語教育の熱はますます高まっています。

(※)TOEFL iBT® Test and Score Data Summary 2019

TOEFL Primary® 47か国以上
TOEFL Junior® 65か国以上

(2018年12月現在)

香港では、日本に先駆けてTOEFL Primary®、とTOEFL Junior® のスピーキングテストを2018年に実施して、約1,000名の方が受験されました。
こちらの写真は、テストを受けている様子です。
みんな一生懸命テストを受けています。

TOEFL Primary® 47か国以上
TOEFL Junior® 65か国以上

(2018年12月現在)

2018年5月27日にTOEFL Primary® Step 1・Step 2 が台湾で実施されました。
台湾における初めてのTOEFL Primary® Step 1・Step 2 公開テストとして、6都市で約1000名が受験されました。

TOEFL Primary® 47か国以上
TOEFL Junior® 65か国以上

(2018年12月現在)

世界には年間1,000名以上TOEFL Junior® Standard を実施(または仲介)する教育機関があります。
そのうちの一つがブラジル公文。「TOEFL Young Students Series Community Ambassador」としての認定盾をESTから授与されています。