推薦のことば

英語は道具、自分の道具がどれくらい通用するか? 世界基準のTOEFL Junior®で確かめよう

今、私たちの暮らしも働く場所も、日頃つきあう人々の範囲も、国や地域の垣根を超え、世界につながり、広がる時代を迎えています。このような時代を活き活きと生きていくには、世界の様々な考え方や習慣をもった多様な文化の人々と躊躇せずにコミュニケーションをとり、自分の考えを積極的に発信していくことが求められます。

世界のいろいろな文化や習慣をもった人々と共に生きていくために求められることは、まず何よりも自分と違った考え方や生き方に関心をもち、そこから自分の知らなかった新しいことを勉強しようという気持ちです。その上でやはり言葉を通しての交流が欠かせません。そのために今、地球上で最も広く使われているのが英語です。英語はアメリカやイギリスの人々との間だけではなく、ヨーロッパやアジア、アフリカの人々など、世界中の人々とのコミュニケーションの道具であり、世界標準の言葉です。

言葉は道具です。慣れることが第一ですが、自分の道具が実際にどのくらい通用するかをいつも確かめておくことが必要です。これを世界的な基準で証明してくれるのがTOEFL Junior®です。みなさんも積極的にTOEFL Junior®を活用して、世界から学び、世界で行動できる力を磨きましょう。みなさんの世界を視野に入れた考え方と行動がこれからの世界の平和を築きます。