推薦のことば

グローバルな環境に適した英語力を育む

グローバル化が進む今、AIに置き換わる英会話ではなく、英語でしっかり議論する力がこれまで以上に必要になっています。外務省でも入省予定の職員にTOEFL iBT®100点以上を課すなど、国際的にも評価が高く、英語運用能力を多角的・総合的に測ることができるTOEFL iBT®のスコアの評価が高まっています。しかしながら、日本人の英語学習者にとっては、TOEFL iBT®のいきなりの受験では苦労します。一つの方法として、TOEFL Primary®、TOEFL Junior®両テストで、中等教育段階からマイルストーンを設けて学習・指導をしていけば最終的にTOEFL iBT®でも十分な点数がとれるようになることを実感しています。

世界の人と対等に英語で渡り合え、自国の素晴らしさを発信できる日本人を一人でも多く輩出したい。そのためにも、TOEFL Primary®やTOEFL Junior®を、英語学習初期段階から活用し、TOEFL iBT®でも戦える英語力を育んでまいりましょう