ホーム >  よくある質問

よくある質問

TOEFL®全般について

TOEFL®とは、どんなテストですか?

TOEFL®テスト(English as a Foreign Language)は、1964年に英語を母国語としない人々の英語コミュニケーション能力を測るテストとして、米国非営利教育団体であるEducational Testing Service(ETS)により開発されました。
詳しくはコチラ

TOEFL®には、どんな種類がありますか?

小中学生向け「TOEFL Primary®」、中高生向け「TOEFL Junior®」、大学教養レベルでの英語運用能力を測る「TOEFL ITP®」「TOEFL iBT」があります。

グローバル・コミュニケーション&テスティングが運営している テストは何ですか?
TOEFL Primary®とTOEFL Junior®です。TOEFLの若年層向け英語テストの運営を行っています。
どこで受験することができますか? 受験料はどれくらいですか?
TOEFL Primary®、TOEFL Junior®は「団体受験」と「個人受験」のいずれかで受験することができます。また学校などでの団体受験は割引価格がございますので詳しくはお問合せ下さい。

TOEFL Junior®テスト全体

TOEFL Junior®テストのレベルは、英検ではどれくらいですか?
各級別に合否で判定するタイプのテストと違い、TOEFL Junior®テストはレベル幅の広いテストです。テストの目的や測定方法が異なるため、単純な相関関係を示すことはできませんが、CEFRに置き換えて比較して、TOEFL Junior®テストはおおよそ英検準2級~準1級程度のレベルとお考えください。
何歳から受験することができますか?
TOEFL Junior®テストには年齢制限はありません。どなたでも受験することが可能です。現在日本では、中学3年生~高校3年生が多く受験しています。
TOEFL Junior®テストは、留学に役立ちますか?

TOEFL Junior®テストは、海外の学校生活や日常生活で実際に使われている英語を題材にしています。受験いただくことで海外生活の疑似体験ができるいうメリットがあります。また、留学や海外研修の前後にTOEFL Junior®テストを受験することで、受験された方の英語力の伸びや成果を測ることができます。

それに加えて、TOEFL Junior®テストのスコアが欧米のボーディングスクール(海外の有名大学へ進学するための寄宿学校)へ留学する際などに、英語力を証明するパスポートのような位置づけとして利用されています。他にも、TOEFL Junior®テスト活用法の広がりは、今後こちらのウェブサイトでお知らせしていきます。

TOEFL Junior® Standard(リスニング/リーディング)

テスト時間は?

リスニング、文法・語彙、リーディングの3セクションがあり、解答時間は約1時間55分です。 詳しくは「 コンセプト(TOEFL Junior®の特長)」をご覧ください。

受験料は?

個人受験の受験料は4,320円(税込)です。
学校などでの団体受験は割引価格がございますので詳しくはお問合せ下さい。

テスト勉強用の問題集などはありますか?

2016年3月に問題集が発売されました。詳しくはコチラ
TOEFL Junior®テストを体験するには、こちらの<サンプル問題に挑戦>をご覧ください。

テスト結果はいつ分かりますか?

団体受験の方には、返却された資材が到着後約10営業日以内に、ホームページの担当者管理ページにてスコア(成績一覧表)閲覧が可能となり(準備ができましたらメール等でお知らせいたします)、約20営業日以内に、ご請求書と合わせて、スコアレポートが届きます。

個人受験の方には、受験日から約2週間後にホームページのマイページにてスコア閲覧が可能となり、約4週間後にスコアレポートが受験者宅へ届きます。

どんなレポートが出るのですか?

TOEFL Junior®(2技能)の結果は、合否判定ではなく、スコアで表されます。
ETS発行のOfficial Score Reportと、GC&T発行のパフォーマンスレポートがあります。
学校・団体受験の担当者の方には、先生向けスコアロースター(成績一覧表)と学校団体スコアレポートをお届けします。

テストの形式は何ですか?
ペーパーベースのテストです。

TOEFL Primary®テスト全体

TOEFL Primary®テストのレベルは、英検ではどれくらいですか?
各級別に合否で判定するタイプのテストと違い、TOEFL Primary®テストはレベル幅の広いテストです。テストの目的や測定方法が異なるため、単純な相関関係を示すことはできませんが、CEFRに置き換えて比較して、TOEFL Primary®テストのステップ1はおおよそ英検4級程度のレベル、ステップ2はおおよそ英検3級レベルとお考えください。
何歳から受験することができますか?
TOEFL Primary®テストには年齢制限はありません。どなたでも受験することが可能です。英語初期学習者の方はステップ1を、英語で何らかのコミュニケーションを取ることができる方はステップ2をそれぞれ受験ください。
ステップ1,ステップ2のどちらかで迷われている方は、ステップ1の受験を推奨いたします。

TOEFL® Primary(リスニング/リーディング)

テスト時間は?
リスニング、リーディングの2セクションがあり、解答時間は1時間です。
詳しくは「TOEFL Primary®とは」をご覧ください。
受験料は?
3,880円(税込)です。
詳しくは「TOEFL Primary®とは」をご覧ください。
テスト勉強用の問題集などはありますか?
2015年3月に問題集が発売されました。詳しくはコチラ
テスト結果はいつ分かりますか?
団体受験の方には、返却された資材が到着後約10営業日以内に、ホームページの担当者管理ページにてスコア(成績一覧表)閲覧が可能となり(準備ができましたらメール等でお知らせいたします)、約20営業日以内に、ご請求書と合わせて、スコアレポートが届きます。
個人受験の方には、受験日から約2週間後にホームページのマイページにてスコア閲覧が可能となり、約4週間後にスコアレポートが受験者宅へ届きます。
どんなレポートが出るのですか?
TOEFL® Primary(2技能)の結果は、合否判定ではなく、スコアレンジで表されます。
ETS発行のOfficial Score Reportと、日本語による説明資料があります。
学校・団体受験の担当者の方には、先生向けスコアロースター(成績一覧表)と学校団体スコアレポートをお届けします。
テストの形式は何ですか?
ペーパーベースのテストです。