NEW英語は相手に通じるから楽しい 楽しむためのツールとしてTOEFL Primary® を活用(山梨学院小学校/山梨県)

レポート2020.11.18
  • TOEFL Primary®
  • 小学校
  • バカロレア
  • 教育関係者インタビュー
山梨学院小学校(山梨県甲府市)は山梨学院大学附属の小学校として2004年4月創設されました。時代の変化に対応するグローバルな学力の育成へ向け、科目の垣根を取り払った10の領域による学力の枠組み設定、ティームティ―チングや教員の専科制の導入、放課後の学びの場であるトワイライトスクール運営など様々な特徴をもつ同校は、2019年には系列幼稚園と共に国際バカロレアの初等教育プログラム(PYP)認定校に選ばれ、英語教育にも力を入れています。
2016年に導入を開始したTOEFL Primary® は、小6の全員が受験、小学校の間にどこまで英語力を習得したか測定するひとつのバロメーターとして継続的に活用されています。
瀬端淳一郎校長、英語領域主任の鈴木尚美教諭に学校の教育方針、英語教育への思いをうかがいました。