第3回グローバル・コミュニケーション&テスティング主催セミナー「英語4技能向上セミナー」へのご参加ありがとうございました。

レポート2015.08.31
  • イベント
news20150831-1

第3回グローバル・コミュニケーション&テスティング主催セミナー「英語4技能向上セミナー」は、8月29日の東京会場で、全国6会場の日程を終了いたしました。

全会場合計で600名を超える中学・高校、大学の先生方、教育委員会のみなさま、教育関係者のみなさまなどにお集まりいただきました。ご参加いただき誠にありがとうございました。

GC&Tでは随時このようなセミナーを実施してまいります。実施についてはこちらのウェブサイトでご紹介をいたしますので、ぜひご参加ください。

●ご参加いただいた皆様のお声

【文部科学省特別講演】

  • 今まで断片的な話しか分かっていなかったが、大学入試改革の背景や全体像がとてもよく分かった。
  • ここで英語教育改革を成功させなければ、オールジャパンの一員として取り組みたいと思いました。ありがとうございました。

【大学入試における外部テスト活用】

  • 立教大学のグローバル化に向けての取り組みと、その中でなぜ英語4技能が必要なのか、ということをわかりやすくお伝えいただきました。
  • 色々な国籍の学生が学ぶ立命館アジア太平洋大学という環境の中で、どういう力を身に付けている生徒がさらに伸びるのか考えさせられるお話でした。
  • どの大学も変わっていこうとしている中、高校や中学の学校現場も変革の時期を迎えていると実感しました。

【指導実践ワークショップ】

  • 実際に学校現場の中で、生徒の4技能を伸ばす取り組みとしてとても興味深く聞かせていただきました。日々の授業でも取り入れてみたいです。
  • 実際に自分でもTOEFL Junior® Comprehensiveの問題に挑戦したり、自分で情報をまとめてみたり、という参加型の内容だったので、時間がたつのがあっという間でした。

TOEFL Junior® Comprehensiveテスト紹介】

  • これまでTOEFL® 指導をされてきた先生の見地から、その前のレベルのテストが待ち望まれていたこと、このテストの準備をしていくこと自体が、生徒の英語運用能力を伸ばすことなどがとてもよくわかりました。
  • TOEFL®と言えばiBTだと思っていましたが、TOEFL® iBTに直結し、なおかつ日本の高校生~大学生のレベルに適したテストの詳細が伺えて、TOEFL Junior® Comprehensiveを実際に生徒に受けさせてみたいと思いました。

セミナーの実施要綱はこちらから⇒