5年後、10年後に英語で何ができるようになりたいか

第二言語習得分野における長年の研究では、アウトプットばかりをやっていても、英語で十分にインプットを得な ければ効率よい第二言語習得にはつながらないといわれています。レベルに合ったリーディング・リスニング練習を 多く行い、そのスキルを身に付けることが、話す・書く力を含む英語力全体を伸ばすためのエンジンのような役割を果たすのです。TOEFL Junior® Standard は2技能のテストですが、これらは4技能の力を伸ばしていくための基礎です。「5年後、10年後に英語で何ができるようになりたいか」を思い描きながら、このテストで自分の英語力を知り、効果的に英語学習を行っていただきたいと思います。