中学生 高校生

TOEFL Junior® Standardは「読む」「聞く」の2技能における英語運用能力を、世界基準で測定する中高生向けのペーパーベースのテストです。

受験者の声

TOEFL Junior® Standardは「読む」「聞く」の2技能における英語運用能力を、世界基準で測定する中高生向けのペーパーベースのテストです。

高校1年生齋藤 玄さん

TOEFL Junior® は、中2の12月と、中3の6月に受験しました。問題文も説明も全部英語で、驚きました。最初は慣れずにリスニングもあまり聞き取れなかったのですが、途中から落ち着いてきて、だんだん聞き取れるようになってきて、ほっとしました。1回目は少し戸惑ったのですが、2回目を受けたときには、リスニングがずいぶんできるようになっていて、自分でもびっくりしました。1回目は745点でした。2回目を受ける前はどれだけスコアを伸ばせるかな?と受ける前から楽しみでした。特にTOEFL Junior® 用の勉強をしたわけではなく、日頃から学習をしていただけなのに、2回目は805点に上がりました。
今度3回目を受けますが、またスコアを上げたいです。英語はただ「勉強」というだけではなく、他にもたくさ ん楽しみを見つけられるものです。これからも目標を持って学習していきたいです!

中学3年生下田 理央さん

1回目は中1のときに受験しました。英検の準2級には合格していたのですが、英語ばかりのテストは初めてで正直、難しいなと感じました。でも、そのことがすごくいい経験になったので、力をつけてもう一度チャレンジしたいなと思いました。中2になって、2回目の受験をしてスコアもだいぶアップしました。世界の中での自分の力を正確に知ることができるのがTOEFL Junior® のいいところだと思います。
最近は、Study Tourで訪問したインドネシアのストリートチルドレンの学校支援なども行っています。将来は世 界の子どもたちのために活動したいと思っています。中3で3回目のチャレンジをするつもりです。

他にも受験者インタビュー記事が多数ございます。ニュース&コラム一覧をご覧ください。