中学生 高校生

TOEFL Junior® Standardは「読む」「聞く」の2技能における英語運用能力を、世界基準で測定する中高生向けのペーパーベースのテストです。

ホーム >  TOEFL Junior® Standard >  TOEFL Junior®の特長  >  開発プロセス

開発プロセス

TOEFL Junior®テスト開発メンバー、Valerie Becker氏インタビュー

(米国Educational Testing Service、アセスメントスペシャリスト。TOEFL Junior®、TOEFL iBTの問題開発や、世界中でのワークショップを担当。)

世界に広がるTOEFL Junior® テストですが、テスト開発の際に、各国のカリキュラムを参考にした、と伺いました。何か国ぐらいのカリキュラムを研究されましたか?

Valerie Becker氏

開発にあたっては、チリ、中国、フランス、韓国、日本といった国々の英語学習についての基準やカリキュラム、教科書、およびカリフォルニア、コロラド、フロリダ、ニューヨーク、テキサスの各州の中学校における学習者の英語能力の指標、さらにWorld-class Instructional Design and Assessment(WIDA)協会の指標も検討しました。
これらのカリキュラムや指標から得られた共通の特徴は、テストの設計にとても役立ちました。

テストの開発に何人のスタッフが関わりましたか?

テスト開発(AD)チームからは、約15人のメンバーがテストの第1版の設計と作成に参加しました。テスト開発、調査、統計、マーケティング、プログラムなど、ETSのさまざまな部門から、合計で50人を超すスタッフが関わりました。

スタッフメンバーのバックグラウンド(専門分野や経験など)は?

ADチームのメンバーは、TESOL(英語教授法)、応用言語学、教育、その他の関連分野の修士号を取得しています。またADチームのメンバーの多くは、さまざまな国で、豊富な教授経験を持っています。その中の多くのメンバーは、英語教授法専門です。TOEFL Junior® ADチームには9人メンバーがいます。

テストを公開する上でクリアするべき基準や要件はありますか?

テストを実施する前に、内容、公平性、テスト形式、機能性などに関してさまざまなレベルの見直しを行います。特に内容については多くの見直しが必要で、ここは時間をかけて検討して作りましたね。

問題内容の妥当性は、どのように検証していますか?

TOEFL Junior®テストの実施の前後に、ETSはテストの問題の妥当性を検証するため、さまざまなところからその根拠を集めます。
すべてのテスト問題について、パイロットテストを実施します。その結果がそろったら、ETSの統計解析チームがデータを分析します。統計解析チームは世界中の受験者の解答データを見て、その地域や文化による影響がある問題がないかを抽出します。その上で得られる統計値を利用して、テスト問題の公平性を検討していきます。

国際的なテストとして幅広く採用されるために、テストのテーマ、単語、イラストなどを受験者の文化やバックグラウンドにどのように合わせていますか? 詳しく説明してください。

ETSはすべてのテストについて厳しく公平なガイドラインを定めています。多様なバックグラウンドの受験者に内容が適切かどうか、そして特定の受験者にとって有利になったり、逆に不利な内容になっていないか、すべての問題を見直します。複数の国のカリキュラムや受験結果を調べ、共通のテーマやスキル、特徴に注目してテストを設計しています。

テストの開発にあたって、各国の専門家や研究者と協力しましたか? 詳しく説明してください。

対象とするこの年齢層の語学テストの経験を持つ、多数の国のテスト専門家や学術専門家で構成される外部諮問委員会を設置しています。この委員会は、テスト開発のあらゆる段階でフィードバックを提供し、テストに関する研究プロジェクトについてアドバイスを続けています。

これまでの経歴を教えてください。ETSで仕事をする前はどのようなお仕事をされていましたか?

私はETSでテスト開発に携わる前は、日本を含めさまざまな国で、英語教師および教師の指導者を長年にわたり務めてきました。ほかのテスト開発メンバーも似たようなバックグラウンドを持っていますよ。それぞれのメンバーの経験を集めることで、世界中の人々に対して、公平で利用しやすいテストを作ることができると思います。

今後のテストのあり方や国際的な教育の発展におけるテストの重要性について、これからどんなことを期待していますか?

明瞭で効果的なコミュニケーション能力は、生活のあらゆる場面で重要で、なかでも英語のコミュニケーション能力の重要性は世界中で高まっています。TOEFL Junior®は、この重要なスキルの指導と学習を促進するものだと思います。
テストでいい結果を出すのに必要なスキルを学ぶということは、人生で重要なスキルをも学びとる、ということでもあるのではないでしょうか。
このテストによって、より広い世界で効果的にコミュニケーションを図る能力を発揮する機会を、さらに多くの生徒たちに提供していけたら、と思いながら、日々テスト開発にあたっています。