4技能中学生 高校生

TOEFL Junior® Comprehensiveは、世界基準の4技能および統合型技能が測定できるコンピュータベースのテストです。
TOEFL iBT®に直結し、大学入試でのスコア活用もされています。

スコア

TOEFL Junior® Comprehensiveは、世界基準の4技能および統合型技能が測定できるコンピュータベースのテストです。
TOEFL iBT®に直結し、大学入試でのスコア活用もされています。

スコアレベル

TOEFL Junior® Comprehensiveのスコアレベルは下の表の通りです。

Test TOEFL Junior® Comprehensive TOEFL iBT®
Skill
Score range
Reading
140~160
Listening
140~160
Speaking
0~16
Writing
0~16
Reading
0~30
Listening
0~30
Speaking
0~30
Writing
0~30
Total
0~120
C2                  
C1         24~ 22~ 25~ 24~ 95~
B2 157~ 157~ 14~ 13~ 18~ 17~ 20~ 17~ 72~
B1 151~ 150~ 11~ 10~ 4~ 9~ 16~ 13~ 42~
A2 143~ 143~ 8~ 6~     10~ 7~  
A1 140~ 140~ 0~ 0~          

【ご注意】この表は、ETSが公表しているCEFR対応スコアを関連付け、掲載したものです。あくまでも目安としてご参照ください。

スピーキングセクションのRubric(評価基準)はこちら
ライティングセクションのRubric(評価基準)はこちら

スコアレポート

テストの結果は、米国ETSが発行するオフィシャルスコアレポートとして通知します。

オフィシャルスコアレポート

テストの開発元であるETSが発行するスコアレポートで、国内外での各種出願時に受験者の英語力を証明する公的資料として利用できます。
ETS推奨スコア有効期限は、テスト受験日(Test Date)から2年間です。
合計スコア、セクション別スコアのほかに、セクションごとのCEFRレベルやレクサイル指数が示されます。日本語での説明も記載しています。

大学入試におけるスコア活用等に使用するためのTOEFL Junior® Comprehensive公式スコアレポートの再発行・複数発行等のお問い合わせはこちら

CEFRとは

語学のコミュニケーション能力のレベルを示す枠組みとして、欧米で幅広く導入されています。

Lexile®(レクサイル)

米国の測定団体が開発した「読書能力」と本の難易度を表す指数で、世界165の国と地域で活用されています。

Descriptor(ディスクリプタ)

スコアをもとに、受験者の長所や英語を使ってできることを、各セクションごとに掲載しています。